動画制作は高いと感じていませんか。
 
 
 
 本来の情報は大手メディア→視聴者というのが当たり前でした。
最近、テレビ番組でYouTubeからの動画を頻繁に目にします。
動画投稿サイト、特にYouTubeは世界中から1 分間に約 300 時間分の動画がアップロードされています。
1日で4,32,000時間、毎日3時間視聴した場合、なんと約394年の期間が必要となります。
また、YouTube のユーザーは 10 億人を超えており、1 日あたりの動画視聴時間は数億時間、視聴回数は数十億回にものぼります。
動画プロモーションの影響はユーザーの情報収集スタイルまで変化をもたらしています。
テレビからの情報はテレビ番組からではなく、動画サイトからという人も増え続けています。
そして、テレビ番組のソースも手軽にYouTubeからといった流れになっています。
いつでも興味のある動画が手軽に視聴できることで、ユーザーは読むことより見て、聞くこと
重心を移しつつあります。
今やホームページを持たないビジネスは存在しません。また、ホームページもひと頃日と
比べころに加え洗練されたものが増えています。
ユーザーには大事なところはしっかり読んでもらいたい、そのためにユーザーに興味を
持って貰うという姿勢が生まれてきています。
「(これまで実施した中で)もっとも効果を実感したコンテンツタイプ」に対する回答では、「ケーススタディ・記事(54%)」に続き、「動画」と答えた人が46%にのぼり、コンテンツマーケティングの中でも動画の効果を認識し、期待を寄せている企業が多いことが明らかになりました。
電通とGoogleがYouTubeのデータを元に共同調査した結果、再生数と認知率の関係は、YouTube上で動画を見たユーザーがその動画で紹介された商品に対して、2倍近い購入意欲を示すことが分かっています

 

もっとも効果を実感したコンテンツタイプ 比較実験でもその効果が明らかに

 
 
   
  「41秒」が生んだ5億円効果 スマホ時代の動画活用術   
  「課題」から出発し、成功を収めた動画マーケッティングの事例 
 
 


 
 
   
 


Copyright (C) 2015 TTM Corporation. All Rights Reserved.